記事一覧

ナスのへたの黒焼き歯みがきは炎症や出血、口臭の予防に最適

ナスのへたの黒焼きで歯をみがくというのは、古くから全国各地で伝えられてきた民間療法です。現代のような歯みがき粉がない時代、人々はこの黒焼きで歯ぐきをマッサージして歯周病を予防してきたのです。では、なぜナスのへたの黒焼きが歯周病に効果を発揮するのでしょうか。ここで注目したいのは、アントシアニンという成分です。アントシアニンは、ナスの紫色の素になる色素。この成分には、活性酸素を除去する働きがあるのです。体内で活性酸素が増えて酸化が進むと、私たちの体は免疫力が低下し、口内の環境が歯周病菌にとって棲みやすいものになります。

しかし、ナスのアントシアニンには抗酸化作用があり、細胞を元気にさせることができます。そのため、口内環境をよくして、歯周病の進行を抑えることができるのです。ただ、ナスのへたの黒焼きは歯ぐきに塗布する程度なので、過大にアントシアニンの効果を期待するのではなく、マッサージ効果もいかして、歯周環境をよくすると考えたほうがよいでしょう。

やり方は、ナスのへたの黒焼きを指に取って、上下の歯ぐきをマッサージし、最後にうがいをするだけ。ナスのへたの黒焼きを作ってみてください。食後の歯のケアをしているのに、歯をみがくたびに出血する人は、細菌が繁殖していて炎症を起こしかけているのかもしれません。改善が見られない場合は、歯みがきのあとに、「黒酢うがい」をすることがおすすめです。黒酢には、アミノ酸が豊富に含まれている他、収れん作用があるため、歯ぐきを引き締めたり、細胞を新しくするのを助けてくれます。歯ぐきの傷の修復にも効果を発揮するのです。

歯周病の改善には、病院で治療する必要がありますが、定期的に治療を受けていても、かなり改善には時間がかかります。ある歯科医院では、患者さんに対して、日ごろから、良質な黒酢30mlに対して水を適量加えたものをコップ1杯分作り、歯みがきのあとにうがいをしてもらうようにしたところ、歯周病の改善のスピードが速まったという例もあります。歯周病を治し、口臭を絶つためにも、ぜひ試してみてください。