記事一覧

口臭の発生源の舌苔はスプーンでクリーニング

口臭の発生源の舌苔を取り除くには、歯ブラシでこする方法もありますが、それでも落ちない人は、舌の溝に舌苔を押し込んでしまっている可能性があります。そんなときは、ティースプーンなどの金属で舌の表面を軽くぬぐつてみてください。これは朝一番に行うのが理想的。というのも、夜間は排毒機能が高まっているので、舌苔中には細菌の他、重金属や化学物質などの毒素も含まれているからです。ものを食べたり、歯みがきをすると、それらが体内に逆戻りしてしまうので、その前に舌苔を取り除いておく必要があるのです。

ただし、あまりゴシゴシこすると舌を傷つけてしまうこともあるので、軽くぬぐう程度にとどめておいてください。白いものがスプーンについてこなくなり、スプーンを喚いで臭いがなくなったらOKです。あまり取れていない感じがしても、毎日続けることで口臭予防の効果があらわれます。「寝たきりのおじいちゃんのお口のケアに、凍らせたパイナップルを使っているんですよ。舌苔も取れて口臭も気にならなくなりました」と話すのは、主婦のKさん(50才・女性)です。病院の看護師さんに教えてもらった方法だそうです。

「3㎝角程度に切ったパイナップルに割り箸をさして冷凍庫で凍らせます。使うときは、冷凍庫から出し、角が少しやわらかくなるまで数分おきます。舌苔をなでるだけではなく、頬の内側をマッサージしたりすることで、唾液の分泌量も増えるようです」。このように、唾液が増えるのはパイナップルの酵素に動物性タンパク質を分解し、舌苔をからめ取る働きがあるからなのだとか。「1日1回、2~3分程度。おじいちゃんがあまり気持ちよさそうなので、毎日してあげるんですよ」とKさん。口の中の甘さが気になるときは、お茶を飲んだり、うがいをするのがおすすめです。