記事一覧

忍者が敵に見つからないように用いた忍法口臭消しにチャレンジ!

唾液には、食べかすをはじめとする口内の不純物を洗い流す働きがあります。このため唾液が不足すると、洗い流しきれなかった不純物をエサにする雑菌が増殖。口臭の原因となるガスを発生させてしまうのです。そんな唾液の分泌は、自律神経が関係しています。緊張や不安を感じると口が渇くのも、そのせいだと考えられます。

また最近では、朝食を食べないために唾液の分泌量が少なくなり、空腹時に口臭が起こる人も少なくありません。私たちが日常生活の中で、口臭を防ぐためにできること。それは、朝起きたら口をすすぐこと。これは、寝ている間に口の中で増殖した雑菌を洗い流す絶大な効果があります。朝食を食べることも、口臭予防には重要です。なぜなら、「噛む」という行為は唾液の分泌を促すからです。

そして最後は、唾液の分泌を促す訓練をすることです。その方法とは、「忍法口臭消し」。実際に、忍者が行っていた技で、敵に気配を悟られないように口臭をなくすためにしていたと考えられている方法です。これなら、どこででもすぐに試せるので、緊張したときや空腹時の口臭を感じたときにできます。唾液が口の中に自然とわいてきて、口臭が消える効果を実感できるはずです。