記事一覧

口臭の一因となる雑菌の棲み処、舌苔は舌回しで取ろう

舌苔は、口臭のもととなる雑菌の棲み処。この舌苔を取り除くだけでも、口臭は大いに改善されます。そこでおすすめなのが、「舌回し」です。舌は「第3の手」と呼ばれるほど強力で自由がきく筋肉でできていて、さまざまな働きを担っています。たとえば、口に入れた食物を動かし、唾液とからませるのも舌の役割。話すときも、舌を動かすことで言葉として声を発することができます。

しかも、舌は多くの経絡(エネルギーの通り道)とつながっているので、舌にあるツボを刺激すれば、体のツボ押し同様にさまざまな不調を改善することができるのです。ただ、舌のツボを押すのはたいへんです。そこで実行したいのが舌回しというわけです。舌を回して、舌にあるツボを刺激すれば、内臓の機能が改善されます。そうすると、内臓の不調のあらわれである舌苔もなくなります。また、舌を回すと唾液がたくさん分泌されます。唾液が増えれば、舌苔を棲み処にしている雑菌を洗い流すことができます。

つまり、舌を回すことで、舌苔に棲み着いた雑菌を減らすと同時に、舌苔そのものをなくすこともできるというわけです。舌回しはいつ行ってもかまいませんが、朝と夜の2回行うのがおすすめです。副交感神経が活性化されるので、朝行えば気分がすっきりしますし、夜行えばリラックスして安眠につながります。始める前には、水でうがいをし、タオルやガーゼで舌についた汚れをぬぐい取りましょう。