記事一覧

プルーン寒天で便のかさを増やし腸毒を一掃しよう

おならや悪臭便の原因のひとつといわれる便秘。さらに、その便秘の原因のひとつは、食物繊維不足です。食物繊維が不足すると、腸内細菌の善玉菌が減少したり、消化吸収機能が低下するなど、腸内環境が悪化します。その結果、排便の機能に障害が起きるのです。食物繊維は、他の栄養素や食物と違い、胃や腸で消化吸収されず、そのまま便として排出されます。

大腸で水分をたっぷり含んで便の量を増やし、腸壁を刺激して、腸の蠕動運動を活発にする働きがあるのです。「便秘を解消したければ、食物繊維をとることで解消できる」といっても過言ではありません。では、食物繊維は、どんな食品に多く含まれているのでしょうか。答えは、野菜、果物、大豆、海藻類、キノコ、ごぼう、玄米、寒天といった食品です。そこで、腹の大掃除をするのにおすすめしたいのが、「プルーン寒天」です。

プルーンも寒天も、いずれも食物繊維が豊富な食品。その2つを合わせて、ダブルの効果を狙おうというものです。また、プルーンに水分を保つ性質がある「ソルビトール」という成分も含まれており、この成分が便の水分量を保ち、通りをよくして腸の運動を活発にする効果もあるのです。デザートやおやつ代わりにしてとれば、野菜不足の人でも食物繊維をとることができるでしょう。