記事一覧

オリジナルのオリーブトマトで”腸の毒”をスルリと出す

腸を活発に動かす食材のひとつに、オリーブオイルがあります。オリーブオイルには、「オレイン酸」という不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。そしてこのオレイン酸は、短時間では小腸で吸収されにくく、小腸の外に出にくいということが分かっています。これはどういうことかというと、短時間に比較的多めの(30ml程度)のオリーブオイルをとることで、大腸までその成分が行き届き、腸を刺激して排便を促してくれるということです。

実際にイタリアでは、ティースプーン1杯のオリーブオイルをとることが、子供の便秘予防に効果的だといわれてきました。また、下剤を服用している64人の慢性的便秘症の患者さんに、30mlのオリーブオイルを2週間とってもらうという実験を行った結果、1人は下剤をやめることができ、62人は下剤の量を減らすことができたのです。オリーブオイルを日常的にとっているスペインや南イタリアでは、結腸ガンでの死亡率も低いことが分かっています。

つまり、食生活のなかに少し多めのオリーブオイルを取り入れるだけで、便秘とは無縁の生活を送ることができる可能性は高いということ。そこで日ごろからオリーブオイルを取り入れやすい方法を提案しましょう。それは、生のトマトにオリーブオイルをそのままかけて、サラダ感覚で食べるというものです。遺して「オリーブトマト」。トマトにはペクチンという水溶性の食物繊維が含まれていますが、この水溶性食物繊維は水を含んで便を軟らかくして、排便しやすくしてくれるので、便秘解消に効果的です。

他にも、血糖値が上がりにくくなったり、血中コレステロールを下げる効果もあります。さらに、トマトに含まれるリコピンには、大腸ガンの発生を抑える効果があることも確認されています。オレイン酸と水溶性食物とペクチンとリコピン。つまり、腸の毒を追い出し、毒から腸を守る成分がつまっているのが「オリーブトマト」なのです。もちろん、腸が整えられれば、おならや便の臭いも改善されていきます。食事の前菜にぜひ「オリーブトマト」を習慣にしてみてください。