記事一覧

ウンチは体からのお便り。よいウンチでおならや便の悪臭とさよならしよう

よいウンチを出せない悪玉菌の多い腸内環境は、おならや便の悪臭の”温床”。おならや便の悪臭を改善したいなら、まずはよいウンチを出すことを考えましょう。健康な人のよいウンチは80%が水分で、残りの20%の3分の1(約7%)ずつが、食べかす、腸内細菌、はがれた腸粘膜などの固形物です。よい材料、よい環境でできたウンチは、硬すぎず、軟らかすぎず、いきまなくてもストンと気持ちよく出てきて、まさにバナナのようです。色も黄色っぼく、臭いもきつくありません。

では、よいウンチを出すためには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。まずは次の3つの力を身につけることです。ひとつは「作る力」。ウンチの材料のひとつは、食べかすです。これは全体の約7%ですが、内容によって、質や量に大きく影響します。食事で水分を吸収する食物繊維が少なければ、便が硬くなり、便秘の原因になります。また、肉や脂肪の多い食べものは、腸内の悪玉菌を増やしてウンチを腐敗させ、腸内環境を悪くしてしまいます。作る力をつけるためには、野菜や果物、海藻、キノコ類などをバランスよくとり、食物繊維を多くとることが大切です。

2つ目は、「育てる力」です。腸内の善玉菌は、発酵することでよいウンチを育ててくれます。ですから、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆、食物繊維、オリゴ糖などの善玉菌を増やす食品をとり、よいウンチを育てる力を養いましょう。3つ日は、「出す力」です。腹部の筋肉が衰えていては、腸の動きも鈍くなり、出す力も弱くなります。便が腸内にとどまり続けると、腐敗して悪玉菌が増えますし、水分も吸収されて便はさらに硬くなります。

激しい運動は必要ありませんが、ある程度のスピードと歩数を考えた(目標1日1万歩)ウオーキングなどの適度な運動で、日常的に腹周りの筋肉が鍛えられる運動を取り入れていくといいでしょう。これら3つの力を効率よく鍛えていけば、よいウンチを作る腸内環境が徐々に整っていくはず。よいウンチで、悪臭はもちろんのこと、病気のリスクも軽減させていきましょう。