記事一覧

おならや便の臭いは腸内の健康のバロメーター

腸内には、ビフィズス菌など人間の体に都合よく働く善玉菌と、ウエルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌がいます。実は便の悪臭を招くのも、この悪玉菌なのです。便は食べ物が消化・吸収されたあとの残りカスなので、臭いがあるのは当然です。しかしもともと便がくさいわけではなく、腸内でまだ吸収されていないタンパク質や脂質を悪玉菌が分解・発酵させて腐敗物にするので、いやな臭いが発生するのです。

しかもこの悪臭成分は血圧を変動させる、炎症を起こす、発ガン性の物質になるなど、体に悪影響を与えます。つまり”便の悪臭が強い=腸内で悪玉菌がはびこつている=不健康な状態”ということ。「便はくさくて当たり前」なんて決めつけず、便の悪臭をやわらげ、腸内から健康にする努力をしましょう。一番手軽なのはヨーグルトを食べて、善玉菌であるビフィズス菌を直接補給する方法です。ただしヨーグルトのビフィズス菌は、胃で分泌されるペプシンによってはとんど殺されるので大腸に届くのはごくわずか。ヨーグルトは毎日食べ続けることが大事です。

またビフィズス菌を元気に育てるため、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を多く含む大豆、ゴボウ、アスパラガス、タマネギ、ハチミツなどをたっぷりととるのもおすすめ。悪玉菌を掃除してくれるセルロースやペクチンなどの食物繊維もしっかりとるとよいでしょう。食べものに好き嫌いがあって栄養バランスがかたよっていたり、食事時間が不規則になるなど、食生活の乱れも善玉菌を減らし、悪玉菌を増やす原因になります。

とくに悪玉菌の大好物である肉の食べすぎには注意しましょう。食べるものだけでなく、食べ方にも気をつけてください。よく噛まずに飲みこんでしまうと、十分に消化されず、食べたものが腸で腐敗するための材料になってしまいます。ストレスも便臭の原因になります。ストレスがあると、消化酵素であるペプシンがうまく分泌されず、便が体内に滞留! そこでさらに腐敗が進んで悪臭が強くなってしまうのです。便の悪臭をやわらげるためには、上手にストレスを解消することも大事です。