記事一覧

食材の選び方や調理法、食べ方で唾液量がグングン増えて、おいしく食べられる

よく噛むことは、脳の働きを活発にすると同時に、たくさんの唾液を出し、消化や虫歯・歯周病予防を助け、発ガン物質や細菌を消すなどの働きがあります。いまから2000年近く前の弥生時代には、1食あたり約4000回も噛んでいたといわれていますが、現代では約600回まで減っているそうです。それだけ、噛む必要があまりない、軟らかい食品が増えているということなのでしょう。しかし、素材の選び方や調理法などで噛む回数を増やし、唾液量を増やすことはできます。まずは、「噛む回数を増やす食材選び」から。

唾液の出る量は噛む回数にほぼ比例するため、硬い食材を選ぶのが効果的です。レンコンやゴボウ、ニンジンといった根菜などの食物繊維が豊富で、よく噛まないと飲みこめないものなどがおすすめ。また、玄米は、噛めば噛むほど甘みが増すので、唾液力を非常に引き出してくれる食べ物です。ただし、これらの食材は噛みごたえを残すため、加熱しすぎないように注意しましょう。また、「水分量の少ないメニューを選ぶこと」も手です。水分が少ない分、咀嚼回数が増えて唾液量が増えます。煮物やあんかけ、スープは水分量が多く、噛まずに飲みこみやすいメニュー。

逆に、フライなどの揚げ物や網焼きは、水分量の少ないメニューです。また、よく噛むためには材料を単品で調理するよりも、食感の違った組み合わせや、かた茄で野菜のサラダなどを取り入れるとよいでしょう。違った味や口当たりを脳が感じ取るため、噛む回数が自然と増えるからです。また、「食材を大きく切る」ことも大切です。大きめに切っておけば、自然に噛む回数が増えます。また、「一口ずつゆっくり食べること」も有効です。

ご飯もおかずも一度に詰め込んでしまうと、口の中で舌や頬の筋肉を十分に使って噛むゆとりがなくなり、すぐに飲み込む「早食い」につながります。控えめに一口ずつ口に入れ、意識してよく噛み、「口の中でもスローフード」を心がけましょう。さらに、水やお茶を食事の間にとりすぎると、あまり噛まない癖がつくので、水やお茶はできるだけ最後に飲むようにしましょう。食材や調理法、食べ方に気をつけて唾液力をアップし、口臭を心配しない毎日に。